MESSAGE

1990年以降、製造業各社は製造拠点を国内からアジアを中心とした人件費や材料費などが安い海外へ移行し、低価格で生産するようになった一方で私たちは日本での製造を主軸に様々な素材や商品の企画や開発を行って参りました。

"Transitioning to 'Made in Japan'"



株式会社エヌ・コバヤシは安さだけを追求するのではなく、環境に配慮しつつ、お客様にとってより価値のある商品をつくり、日本の産業に貢献したいと考えております。

SERVICE

日本製にこだわった雑貨の企画・製造、縫製から修理まで一貫した体制でお客様のものつくりをトータルサポートいたします。

サービスSERVICE

日本製にこだわった雑貨の企画・製造、縫製から修理まで一貫した体制でお客様のものつくりをトータルサポートいたします。

POINT株式会社エヌ・コバヤシの強み

国内生産でも海外製品に劣らないコストパフォーマンス

国内生産でも海外製品に劣らないコストパフォーマンス

株式会社エヌコバヤシでは材料の開発から調達、企画、製造、縫製加工から納品まで一貫した生産体制により、無駄な中間マージンを省くことでモノによっては海外生産より安く供給することが可能です。
製品によっては材料を海外から調達し、日本国内で生産する場合もございます。
01
適量生産・適量供給

適量生産・適量供給

不透明で変化の激しい不確実性が増す日本市場においては国内で適量生産、適量供給のできるサプライチェーンを構築することが有用です。需要を見誤り、大量に生産してしまうことは無駄な在庫で事業運営を圧迫してしまいます。株式会社エヌコバヤシではお客様のサプライチェーンとして迅速かつ安定的に製品の供給を行いながら、需要に応じた生産をするため製品化する前の材料の状態でストックしておくことで必要な時に必要なだけ供給できる体制も整備できます。
02
【納期遵守率99%】徹底された迅速性と対応力

徹底された迅速性と対応力

納期遵守率99.8%の実績がございます。
弊社では限られた時間内で高品質の製品を生産するため迅速な対応を心がけております。急ぎの対応は当日に現場、現物を確認し合うことができるので国内ならではのメリットです。時間のない中でも臨機応変に対応し細やかでスピード感のある動きにより、短納期でも丁寧な縫製し、安定的な生産を行うことで品質、納期厳守を徹底してまいりました。
03
  • JAPAN・REVIVAL
  • JAPAN・REVIVAL
  • JAPAN・REVIVAL
  • JAPAN・REVIVAL
  • JAPAN・REVIVAL
  • JAPAN・REVIVAL
  • JAPAN・REVIVAL

日本企業が世界ニッチトップになるためのご支援

日本企業が世界のニッチトップになるためのご支援。
市場

市場

GLOBAL MARKET

国内の皮革、繊維市場は1990年代から縮小傾向になり、2000年代以降はほぼ横ばいで市場規模は頭打ち状態です。
事業所数、就業者数、出荷額も減少傾向であるなか、製品輸入の増加や昨今の原材料の高騰などど大変厳しい状況です。
一方で海外へ目を向けると皮革、繊維市場は今後も拡大が見込まれ、中国や韓国などの新興国勢の台頭により、
競争が激化が見込まれるなかでも日本の事業者独自の強みを活かすことができれば海外展開は大きな機会となりうると私たちは考えてます。

MARKET
持続可能性

持続可能性

SUSTAINABLE

従来のアパレル業界は、流行に敏感な消費者のニーズを満たし、コストを抑えるために海外での大量生産・大量廃棄を繰り返すビジネスモデルが主流でありました。その結果、大量の水やエネルギーを消費し、売れ残ったものは焼却処理をするという問題が生じ、温暖化や土壌汚染、水質汚染の温床となっていました。近年では、自然環境への意識の高まりから、環境に配慮した製品やサービスの需要が高まっていおり、弊社としてもそうしたニーズに対応しつつ、海外の大量生産でコストを落とすのではなく、取引先と無駄のないサプライチェーンを国内で構築することにより環境負荷の低い、効率的な生産を目指しております。

活動事例
SUSTAINABLE
技術革新

技術革新

INNOVATION

スマートフォンとSNSが普及したことで個人の発信力と自己表現の場が拡大し多様な個人のライフスタイルや価値観が広まったことで、世界は新たなデジタル技術を活用した転換期を迎え、従来の産業構造と消費者を取り巻く環境は大きく変化しています。今後さらに拡大する海外の市場の需要を獲得していくためには日本の業界の垣根を超えた技術力とデザイン力の融合が日本独自の強みになると考えております。日本の繊維産地の伝統技術や技法をクリエイターと協業することで日本独自の創造性を発揮し、インフルエンサーを介して世界に発信していくことで地域と国が結びつき、日本の地域事業者が世界のニッチトップになる足がかりを作るお手伝いをしたいと私たちは考えております。

INNOVATION
代表の想い

THOUGHT代表の想い

会社と縁のあるすべての人々を、事業を通じて幸せにする

私たちは1978年(昭和53年)に創業いたしました。
創業当時は皮革素材の販売だけでしたが、お客様のニーズに迅速かつ柔軟に応えるべく、商品の企画・製造まで一貫して行う会社へと形態を変え、45年の歴史を刻んでおります。
私たちは「ものづくり」を通して、人と人との繋がり、喜びや感動を生み出す会社を目指しておりますので、引き続き、皆様のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。
堀井裕之

COMPANY
PROFILE会社概要

商号
株式会社 エヌ・コバヤシ
代表者
代表取締役 堀井裕之 (株式会社三洋
住所
〒123-0855 東京都足立区本木南町18-4
TEL/FAX
03-5888-7801(新規のお問い合わせはメールフォームからお願いいたします)
資本金
1,000万円
事業内容
アパレル、ファッション雑貨の企画製造、卸

NEWSニュース

2024.06.03

インフルエンサーを活用したメンズバッグの市場成長とその製造背景について

インフルエンサーを活用したメンズバッグ市場が成長する中、株式会社エヌ・コバヤシの取り組みについてご紹介いたします。
2024.05.10

本革で作るオリジナルカメラストラップ:株式会社エヌ・コバヤシ(OEM)

カメラ愛好家にとって、カメラは単なる道具ではなく、大切なパートナーです。大切なカメラを安全かつ快適に持ち運ぶためには、高 品質なカメラストラップが不可欠です。近年、革製カメラストラップのOEMオーダーが増えてます。このガイドでは、株式会社エヌ・コ バヤシが革製カメラストラップのOEMと選び方について詳しく解説します。
2024.05.10

「株式会社エヌコバヤシでつくる日本製の自転車用サドルバッグ」

本稿では、特に株式会社エヌコバヤシ製の自転車用サドルバッグが持つ、独自性と品質の高さについて解説いたします。
2024.05.10

株式会社エヌ・コバヤシの和雑貨、和小物の製造・OEM

株式会社エヌ・コバヤシでは、伝統的な素材と現代的な素材を組み合わせることで、オリジナリティ溢れる商品を製作することができます。
2024.05.09

オリジナルの本革コインケース(小銭入れ)が作れるおすすめの革ブランド11選!カスタム範囲や流れも紹介!

自分の納得のいく手触りや形、そして色合いをカスタマイズして、オリジナルのコインケースをつくってみませんか。ものづくりにかかわる株式会社エヌコバヤシが厳選した一押しの革ブランドと共に、オリジナルコインケースの製作の流れやカスタム範囲をじっくりと紹介していきます!
2024.05.09

株式会社エヌコバヤシの旅行用ポーチの製作、OEMサービスについて

本記事ではOEM製作の基本的なプロセス、メリット、そしてエヌコバヤシが提供する独自のサービスについて 詳細に解説します。
2024.05.09

アウトドアでスマホを快適に操作!斜めがけストラップの魅力と選び方

アウトドアシーンでスマホを快適に操作するための必需品、斜めがけストラップ!その魅力と選び方、おすすめブランドや機能性モ デルを徹底解説します。
2024.05.09

国内生産にこだわる鞄の縫製工場とその展望: 高品質なバッグを国内で製造します

日本国内での生産にこだわる私たちのバッグ縫製工場では、安心安全な高品質なバッグをお客様に提供しています。このページで は、株式会社エヌ・コバヤシの国内生産にこだわりと高品質なバッグを製造の背景ついて、詳しくご紹介します。
2024.05.09

ステイショナリー製造の基礎知識とおすすめ商品まで徹底解説

ステイショナリー製造の基礎知識とおすすめ商品まで徹底解説いたします。
国内製造?海外製造?OEM/ODMどちらがいいかなどステーショナリー製造の基礎知識からお奨めメーカーまでご紹介いたします。
2024.05.09

自社ブランドを購入されたお客様からの修理を積極的に受けていくべき理由について

一度販売したお客様からカバンが壊れてしまったというご相談の対応について困っていませんか?株式会社エヌ・コバヤシではそういった企業様専門に修理をお受けするだけでなく、お客様の愛着のあるカバンを定期的にメンテナンスするサービスも行っております。

お電話でのお問い合わせPHONE

03-5888-7801受付時間 : 平日10:00〜18:00
弊社へのご質問がございましたら
お気軽にお電話ください。

サイトでのお問い合わせFORM

お問い合わせフォームへグッズ制作のご相談・修理依頼など、
または弊社へのご質問がございましたら
お気軽にお問合せください。

NEWS

ニュース
2023.11.10
ECサイトオープンいたしました。
2023.11.5
ホームページを公開しました。